WordPress+さくらインターネットですべてのサイトヘルスチェックに合格

WordPressのバージョンを5.4.1にしたところ、ダッシュボードの左上にサイトヘルスステータスという欄が新設されました。これはサイト(ブログ)の健康状態が自動的にチェックされ、改善が必要な項目があれば教えてくれるという機能のようです。


エゴクリの場合、幸いなことに致命的な問題は見つからず、次の4項目がおすすめの改善として指摘されました。

  • 停止中のテーマを削除してください
  • MySQLの更新が必要です
  • サイトでHTTPSを使用していません
  • 1つ以上の推奨モジュールが存在しません


「おすすめの改善」なので放置してもいい気がしますが、ダッシュボードを開くたびに不完全なステータスが表示されると気持ち悪いので、時間だけはたっぷりあるSTAY HOMEを活かして対応してみました。

停止中のテーマ削除

これはセキュリティ強化のために必要なようです。対応は非常に簡単で、使っていないテーマを削除すればいいだけの話ですが、1つだけ注意点があります。WordPressのデフォルトテーマ「twenty twenty」だけは削除してはいけません

MySQLをアップグレード

現状5.5だったものを5.7にアップグレードしました。エゴクリでお世話になっているさくらインターネットでは簡単にアップグレードできます。詳細はさくらインターネットの説明をご確認ください

エゴクリ、ついにHTTPS化

これが一番面倒でした(それでもさくらインターネットでは半自動で簡単でしたけどね)。HTTPS化によって送受信データを暗号化し、クレジットカード番号やパスワードが盗まれる可能性を下げることができるわけですが、エゴクリにおけるリスクはパスワードくらいですし、こんな零細ブログのパスワードを盗んだところでメリットは無いので対応不要かと思っていましたが、これを機に対応させました。

エゴクリは、さくらのレンタルサーバで独自ドメインにて運用しているので、まずサーバにサーバ証明書を導入する必要があります。ということで、こちらの手順どおりに無料のLet's Encryptを導入しました。僕の場合15分くらいで発行が完了しました。

次に、こちらの手順どおりにSSL化プラグインをインストールして有効化しました。すると、なぜかブログのデザイン色が真っ白に。焦りつつも落ち着いて原因を調べると、なぜかテーマのスキンが「選択しない」に変更されてしまっていることが分かり、再び選び直したら元に戻りました。

HTTPS化したことによって、パソコンやスマホからエゴクリを閲覧する際、ブラウザのアドレスバーに(URLの頭に)鍵マークが付きました。

1つ以上の推奨モジュール?

これについては何のことやらさっぱり分からず、ひたすらネットを調べました。そしてこちらのサイトに詳しい説明があり、そのとおりに対応したらクリアとなりました(とても助かりました)。

すべてのサイトヘルスチェックに合格!

サーバ側の手続きに時間を要すところもあるので時間はかかりましたが、すべてのサイトヘルスチェックに合格することができました。PHPやデータベースのバージョンアップは自分では気づかないので、この機能は助かります。今後も都度対応していきたいと思います。