香川の一鶴から骨付鳥&とりめしをお取り寄せしてみた

骨付鳥はうどんと肩を並べる香川名物の1つ。老舗中の老舗として一鶴が有名なわけですが、今年2月に高松を訪れた際は時間の都合上行けませんでした。何年も前に横浜西口店で食べて美味しさを知るだけに残念だったので、また近々行こうと企むも、新型コロナウイルスの影響でそれどころではなくなってしまいました。そんな折、5月27日まで送料無料でお取り寄せできることを知り、さっそく試してみました。

”ひなどり”と”とりめし”をオーダー

横浜西口店での経験上、自分には肉質が硬くてしっかりした”おやどり”より、柔らかい”ひなどり”が合っていることを熟知していたので、迷わずひなどりを1つ注文。それと、せっかくだからとりめしも1つオーダーしてみました。この2つで税込1,401円。当たり前ですが送料無料だと安いですね。通常の関東・信越エリアの送料は15本までで1,188円だからかなりお得です。

さっそく温めてみる

”ひなどり”も”とりめし”も冷凍ではなく冷蔵で届きます(これが美味しさの秘訣だそうで)。なので食べるためには電子レンジで数分温めるだけというお手軽さ。「”おやどり”より”ひなどり”の方が温め時間が長いのはなぜかな?」などと考えているうちにできあがりました。

柔らかくて美味しいひなどり

横浜で食べたときを思い出し、キャベツも用意しました。上品にカットして食べるのも良いでしょうけど、今回は骨を持ってかぶりつきました。数年ぶりに食べた”ひなどり”はやっぱり柔らかくジューシーでとても美味しい!濃いめの味付けなので途中ちょっと重く感じますが、キャベツでリセットできるので用意して正解でした。キャベツはタレにつけて摘んでも美味しいです。

とりめしも予想以上に美味しかった

ひなどりを食べ終えてからとりめしも食べてみました。正直、とりめしは単なる炊き込みご飯だろうから味もだいたい予想が付くし、あまり期待していませんでした。しかし一鶴のとりめしは予想以上に美味しかったです。やはり使っている鳥が良いから出汁も違うのでしょうか。細かくきざまれた鳥は、恐らくひなとおやの2種類が入っていると思うのですが、それぞれ食感が異なり、それもまた美味しさを引き立てていました。また、途中でひなどりの余ったタレ(というかほとんど油ですが)をかけてみたところ、味変になって楽しめました。量は280gとたっぷりだし、477円(税込)だし、予想のハードルを大きく超えたし、大満足でした。

別皿に移し替えればよかった・・・

また注文したい

というわけで全体的に文句なしに美味しかった一鶴のお取り寄せ。冒頭で書いたように今月27日まで送料無料なので、もう一度注文しようと思っています。STAY HOMEの楽しみが1つ増えました。

この記事をシェアする