TOSHIBA REGZA 40M510X購入で夢のW禄が現実のものに!

若者のテレビ離れが報じられる一方で、おじさんにとってのテレビは生活必需品の1つであるわけですが、その重要な家電が約9年9ヶ月の時を経てお亡くなりになりました。音声は出るが映像が映らない。これではもはやテレビと呼べません。想定外の出費は痛いと思うも、おじさんなので背に腹はかえられず、ヨドバシ.comへ駆け込みました。

TOSHIBA REGZA 40M510X

新しいテレビは、TOSHIBA REGZA 40M510X

実は壊れたテレビもTOSHIBAのREGZA(32H3000)でした。昨今の東芝は良い話を聞きませんが、テレビの性能は高いと信じていて、今回もまたお世話になることにしました。

今回の買い換えでこだわった点は、なんと言ってもW禄でした。M510Xは2つの異なる番組を録画しながら別の番組を視聴できます。これが本当に便利。いままでの不便が解消され、まさに溜飲が下がりました。

ただし、録画するにはUSBで接続するタイプの外付けHDDが必要になります。僕はアイ・オー・データのEX-HD3CZを買いました。容量3TBで1万円以下はお買い得。テレビと共に3月3日から使っていますが、まったく問題なく録画と再生が出来ています(ちなみに、32H3000の内蔵HDDは300GBでした)。

9畳間にちょうどいい40インチ

壊れた32H3000は32インチで、今回購入した40M510Xは40インチ。しかし32H3000と比べて40M510Xは枠が圧倒的に細いので、外寸での幅は約100mmしか変わりません。高さと奥行きに関してはむしろ低く、薄くなりました。よって8インチアップでも違和感が無く、狭い我が家に早くも馴染んでいます。

重量と消費電力についても軽量化と省エネ化が図られていて、32H3000が18.9kg、178Wに対し、40M510Xは13kg、115Wと、いずれも60%以上も削減されています。

TOSHIBA REGZA 40M510X

YouTubeやAmazonビデオも視聴できる!

40M510Xは無線LANでインターネットに接続できます(もちろん有線LAN接続も可)。こうすることで簡単にYouTubeやAmazonビデオが視聴できる他、TSUTAYA TVやdTVなどにも対応します。ちなみに、この記事に貼り付けている画像はすべてYouTubeの4K動画です。分配器やケーブル類は4K未対応品を使っていますが、一応4K対応のテレビなので映像はものすごく綺麗です(花火の映像は長岡花火のフェニックス)。

TOSHIBA REGZA 40M510X

技術の進歩を感じた

最新のテレビ事情に触れ、とにかく技術の進歩を感じました。テレビの本質である映像の質は向上し、音声も聞き取りやすくなったように思います。番組表やデータ放送の操作性も格段に向上しています。それでいて軽量化と省エネも抜かり無し。また、値段についても素晴らしく、32H3000より40M510Xの方が安いのには驚きました(購入時の価格で比較)。

想定外の出費が痛いことは事実ですが、これだけ違いがあると買い換えられたことが嬉しくも思えます。32H3000は就職した年の6月に購入した初めての液晶テレビで、思い出がたくさん詰まったテレビでした。これからその想いは40M510Xに受け継がれていきます。

by カエレバ

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加