紆余曲折の末ついにマルセイバターケーキが我が家にやってきた!

月初めに札幌へ行った帰り、今年2月に発売開始となったばかりの六花亭マルセイバターケーキを買おうと思い、少し早めに新千歳空港へ向かいました。ところが全く売っていない!さすがレアな人気商品だけあって売り切れなのか・・・と思いきや、実はマルセイバターケーキは空港では販売していないという驚愕の事実を知ったのでした。なんという悲しい結末でしょうか。しかし捨てる神あれば拾う神あり。後日、札幌在住のAさんがマルセイバターケーキを送ってくれました(しかも2箱も!)。

マルセイバターケーキ

マルセイバターケーキが我が家に

札幌で出会えなかったあのマルセイバターケーキが、紆余曲折を経てついに我が家にやってきました。奇をてらわない分かりやすいデザインの外箱。思いっきり「バター」と書いてありますが、黄色を基調としたカラーリングからもバターが連想されます。

マルセイバターケーキ

いよいよご対面!

さっそくいただこうと包装を開けると、中から出てきたのは想像と少し違う見た目のものでした。あえて何の下調べもしていなかったので、自分が勝手に抱いていた想像とのギャップに驚きました。もっとこう、バターでコーティングされているとか、クリームがたっぷりサンドされているとか・・・を想像したわけですが、実物はものすごくシンプルでした。

マルセイバターケーキ

逆にシンプルでよかった

いい意味で期待を裏切ってきたマルセイバターケーキ。しかし一口食べた瞬間、逆にシンプルでよかったと心から思いました。これは美味しい!余計な足し算が無いおかげで、ふわふわのスポンジに染みこんだバターのうま味がよく分かります。控えめにサンドされたチョコガナッシュのアシストも素晴らしい。さすが六花亭。しかもこれで1つ120円ですからね。

ちなみに、冷蔵庫で冷やすとスポンジが少し硬くなり、それはそれで楽しめます。ただ、バターやチョコガナッシュの風味がより強く感じられるのは常温に戻したときでした。

マルセイバターケーキ

今後の拡販に期待

いまのところ空港や駅では買うことのできないマルセイバターケーキ。そのことがプレミア感を助長していることは、発売から日が浅い現在においてはまあ良いかなと思う一方、これからはより手軽に買えるようになってほしいとも思います(六花亭のオンラインショップでも買えるけど送料が別途必要)。今はまだ大量生産の課題などがあるのかもしれませんが、個人的には六花亭の今後の拡販に期待したい。本当に美味しいですからね。より多くの方に食べていただきたいです。

by カエレバ