TRANのウエストポーチでジョギング中のスマホ持ち運び問題を解決

ジョギング中にスマホをどうやって持ち運ぶか?問題については、冬場より夏場の方がハードルが高くなるように思います。寒い時期は上着のポケットに忍ばせておけば良いのですが、夏場は暑くて上着など着ていられませんから収納場所がありません。かと言ってハーフパンツのポケットではスマホが動いて非常に走りづらい状態になります。わざわざスマホのためだけにカバンを背負うのも嫌だし、これはもうウエストポーチしかないだろうと考え、いつもどおりamazonを検索しました。そして目に止まったTRANのウエストポーチを購入。3週間ほど使ってみたので、簡単にレビューします。

Lサイズは全長1m

6.5インチまでのスマホを収納可能

TRANのウエストポーチはベルト状の構造で、マジックテープで固定します。「6.5インチまでのスマホを収納可能」と書いてあるとおり、僕のスマホ(SHARP SHG01)も6.5インチなのでチャック付きのポケット部分に収納できました。初見ではベルト幅の方がスマホの幅より細いので「本当に収納できる?」と思ってしまいますが、ポケット部は伸縮性があるので大丈夫です。ただ、カメラのレンズがチャックに当たると嫌なので、向きを考えるなど工夫は必要かと思います。

イヤホンの線を出す穴もあります

鍵・カード入れも装備

チャック付きポケットはもう1つあって、鍵やカード類を入れることができます。僕はここに小銭を少しいれています。万が一スマホ決済ができないときのための保険ですが、そういった場面にはまだ一度も出くわしていません。

チャック長 約10cm

使用感をレビュー

スマホを入れてからベルトを腰に巻き、さっそく走ってみました。すぐに感じたのは、体への密着性が高く、非常によくフィットするため、付けているのを忘れるくらい違和感が無いということでした。スマホの重みでベルトが上下に動くこともありません。かと言ってベルトがキツくて呼吸しづらいといったこともありません。求めていた理想形がいとも簡単に叶ってしまいました。

あえて不満な点を1つだけ書くと、腰にベルトを巻いた状態でのスマホの出し入れがしづらいというのはあります。ましてや走りながらの出し入れは至難の業に思います。これは僕のスマホが許容寸法ギリギリの6.5インチだからでしょう。走りながらスマホを出し入れすることは滅多に無いので別にいいんですが、今後もし改善されるなら嬉しいです。

いつぞやの多摩川河川敷

運動用ウエストポーチとしては優秀

結論としては、ウォーキングやジョギングなどの運動用ウエストポーチとしては非常に優秀な商品です。必要最低限のモノしか入りませんが、逆にそれが運動用に特化していてとても良い。体へのフィット感も絶妙です。2,000円弱と安いですし、試してみる価値は大いにあると思いますよ。

この記事をシェアする