GARMIN ForeAthlete 230Jでランのモチベーションが上がった

ジョギングをしていると走った距離やペースをリアルタイムで知りたくなり、それがモチベーションにもなるわけですが、それができるスマートウォッチ(中古品)をメルカリで安く買えたのでさっそく使ってみました。

GARMIN ForeAthlete 230J

GARMIN ForeAthlete 230J

購入したのはGARMINのForeAthlete 230Jで、恐らくGARMINのスマートウォッチの中で一番安い初心者向けモデルだと思います。それでも定価だと25,000円もしますが、メルカリでは9,500円で買えました。状態の良い中古品で、特に傷も無く、機能的にも問題なく使えました。

ForeAthlete 230Jがあれば、スマホを携帯せずとも走った距離、時間、ラップタイム、ルート、ステップ数、ピッチ、平均ストライド、高度、カロリーなどの記録ができます。のちにスマホの専用アプリ「GARMIN Connect」とBluetoothで接続することで、クラウド上にデータを保存することもできます(走ったルート(軌跡)はGoogleマップ上にプロットされる)。

GARMIN Connectに取り込んだところ

これまでの煩わしさが解消された!

実際に使ってみると、これまでの煩わしさが一気に解消され、とても便利に感じられました。これまではスマホアプリで記録していたので、次のような問題がありました。

  • いちいちスマホをポケットから取り出す必要がある。
  • 走りながら確認しようとするとスマホを落としそうになる。
  • 信号待ちや休憩時のストップ&リスタートがしづらい。
  • そもそも汗をかいた手でスマホを握りしめること自体が嫌。


こういった一連の不満がForeAthlete 230Jのおかげで解決されました。また、試しにこれまで使っていたスマホアプリも起動して走ってみたところ、距離とルートの記録結果がほぼ同じだったので、精度的にも問題ないことが確認できました。まあ、精度についてはGARMINの方が正確でしょうね。

散り際の河津桜

GPSの捕捉に注意

ForeAthlete 230Jはランの他にもウォーキングやバイク(自転車)などにも使えますが、いずれにしても屋外で使う場合はGPSを捕捉してから移動しないとルートが記録されません。説明書のとおり初回はGPSを補足するまでに15分くらいかかりましたが、2回目からはわりとすぐに捕捉されました。

いつもの景色

ライフログもできる

歩数や睡眠データといった、いわゆるライフログを残すこともできます。僕は使っていませんが、こういった部分もデータ化&視える化することに興味がある人には便利な機能ですね。

ランのモチベーションが上がった

ForeAthlete 230Jを手に入れたことでますますランのモチベーションが上がりました。やはり闇雲にただ走るだけでは長続きしませんが、距離やペースの変化、それから体重の変化など、あらゆる変化を都度データ化していくと、それがランニングを続ける動機になってくるので、少なくとも自分にとっては必須アイテムだと思います。ランニングをいつまで続けていけるか自分でも良く分からない初心者にとって、高額なスマートウォッチの購入は躊躇されますが、今回はいいタイミングでいい買い物ができました。

この記事をシェアする