新型コロナワクチンの2回目接種を無事完了しました

新型コロナウイルスのワクチン接種を無事終えることができました。医療従事者の接種が始まった当初は、40代の一般人は年内に受けられるのか疑問を抱くほどに希少性があったと思いますが、その後ワクチンの流通量が増え、さらに職場の職域接種に入れてもらえたおかげで、上期中に2回の接種を終えることができました。

モデルナ筋注

1回目は7月30日

1回目の接種は7月30日(金)でした。テレビのニュースで見るような会場で簡単な問診を受け、少し待ってから接種を受けました。もっと時間がかかるものだと思っていましたが、実際は10分もかからず、あっけないものでした。接種後は15分間待機させられ、特に症状が出なかったのでそのまま帰りました。

当日は少し左腕がだるいくらいでしたが、翌日に注射針を刺された患部がとても痛くなりました。しかし幸いなことに発熱は無く、解熱剤を服用することはありませんでした。腕の痛みは3日後くらいにやっと無くなり、違和感無く動かせるようになりました。

2回目は8月27日

2回目の接種は8月27日(金)でした。1回目と同じ会場で、同じ流れで接種を受けました。1回目は腕に針を刺されたときほとんど痛みを感じませんでしたが、2回目は針を刺されていることが分かる「確かな痛み」を感じました。

接種を終えた人たちがTwitterで報告しているのを眺めていると、2回目は接種の翌日に腕の痛みと共に発熱もあったというツイートが散見されました。高熱が出ることを危惧していましたが、接種から15時間が経過した頃に37℃台の微熱が出たものの、解熱剤を飲まずとも結局は37.5℃をピークに下がり始めたので助かりました。ただ、頭痛が少し出始めたので念のためカロナールを飲んで寝ました。その甲斐あってか、接種から2日後(今日)は頭痛は無くなり、熱も平熱に戻りました。

腕の痛みについては、冷やすと痛みの治りが早いという情報があったので、接種を受けた夜から冷凍した保冷剤で患部を冷やし続けました。そのためか1回目より痛みの治りが早い気がします。

ちなみに、2回目の経過はtogetterにまとめたので、これからモデルナの2回目を受ける方は参考にどうぞ。

とりあえず安心(ということにする)

ワクチンを2回接種しても新型コロナウイルスの感染は防げないわけですが、感染率は下がる(?)し、もし感染しても重症化リスクは減らせるようなので、とりあえず安心して良いものと思っています。3回目の接種(ブースター接種)の必要性とか、新たな変異株の出現など、誰も知らない未来のことを心配してもきりがないし。

接種を希望するすべての人が早く2回の接種を終えることができれば、様々な理由で「ワクチン接種をしたいけどできない人たち」を救うことにもつながるでしょう。個人的には、堂々と大手を振って旅行をしたり居酒屋で飲んだりできる日常が戻ることを期待しています。まずはマスク着用でも良し。コロナへの勝利は前進あるのみ。

この記事をシェアする