AndroidアプリRuntastic Road Bikeで走行ルートを記録

以前からポタリングの走行ルートを記録したいと思っていました。ガーミンのEdgeシリーズを買えば欲求は満たされるわけですが、自分にとってはオーバースペックだし、何より高い!というわけで、速度や走行時間の記録は以前から使っているCATEYEのサイクルコンピューターに任せるとして、地図上にルートを描いて記録できるスマホの無料アプリを探したところ、Runtastic Road Bikeというアプリが良さそうだったのでインストールしてみました。

洗足池

さっそくテスト

Runtastic Road Bikeの機能は公式サイトの説明に譲るとして、ここではさっそく試してみた感想を書きます。

とりあえず二子玉川の駅前から田園調布学園あたりまでの走行ルートを記録してみました。単純なルートなのであまり記録の甲斐が無いのですが、それでも今までできなかったこと(ルートの記録)がしっかりできているのは嬉しいです(ちなみに、このあと洗足池公園(上写真)まで行きました)。

runtasticテスト

目黒通りの坂道は勾配約5%だった

実はこのルートを通るたびに気になっていたことがありました。それは多摩堤通りから環八まで(等々力不動前交差点)の間に立ちはだかる目黒通りの坂道の勾配。もう何度も走っているのでさすがに慣れましたが、最初の頃はなかなかキツいものがありました。

Runtastic Road Bikeは高度の記録もできるので走行ログからざっくりと調べたところ、おおよそ500mの距離で25m上っていました。つまりこの目黒通りの坂道は、勾配約5%、角度で言えば約3度の坂道であることが分かりました。ちなみに、自動車教習所のコースにある坂道の勾配は概ね10%(6度)だそうです。激坂ですね!

こうやって数字で定量的に示すと、目黒通りの坂道はますますたいしたこと無い感が浮き彫りになりますね。しかしこの坂は自転車を押して歩いて上っている人もいたりして、ビギナーや脚力の弱い人にとっては厳しい部類の坂道だと思われます。

runtasticテスト

走行ルートが記録できると楽しい

これまでは記憶まかせだった走行ルートの記録が、何も考えなくてもスマホのアプリで自動的にできるのはいいですね(しかも無料アプリで!)。自分がどこを走り、そのルートがどのような地形だったのかを知れるのは楽しいです。Runtastic Road Bikeは今後のポタリングでも活躍してくれることでしょう。

東京周辺自転車散歩マップ (るるぶDO!)

千秋社 ジェイティビィパブリッシング 2011-07-11
売り上げランキング : 271473

楽天ブックス
by ヨメレバ

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加