Escape Airの前輪が初パンク!悪戦苦闘の末なんとかチューブ交換完了

Escape Airで桜を見に行こうとしたところ、前輪がフニャフニャで完全に空気が抜けていました。ちょっと前まで問題無かったのになぜ!?空気を入れてみるも「シュー」という嫌な音が聞こえるばかりで全く空気が入らない。というわけで、何の心の準備も無く初めてのチューブ交換をすることになったのでした。

初めてのチューブ交換

空気が抜けた原因

空気が抜けた原因はバルブ付け根の小さな亀裂でした。この亀裂からゆっくり空気が抜けたのでしょう。トラブルの現場が自宅だったから良かったものの、これが外出先での出来事だったら・・・と思うと怖すぎます!

チューブ

チューブ購入

急遽GIANTストアでチューブを買ってきました(1つ750円と安かったので念のため2つ購入)。それにしても長いチューブがこんなに小さな箱に入っているとは。おかげで売り場でチューブの存在に気付くまで少し時間がかかってしまったのは内緒。

チューブ

チューブ交換にはこちらの記事が参考になりました。

自転車タイヤチューブの交換方法!完全攻略! | 彩 on your world

勉強になったポイント

そして約20分におよぶ悪戦苦闘の末に、なんとか作業を終えることができました。詳細は別のサイトやブログに譲るとして、自分なりに勉強になったポイントをまとめておきます(外すのは簡単だったので、取り付けのポイントのみ)。

  • タイヤはラベルが付いている側を右側にする。
  • バルブの位置とタイヤのラベルの位置を合わせる。
  • タイヤをリムにはめるとき、最後は渾身の力を振り絞ってやる。
  • 渾身の力を振り絞っても無理ならタイヤレバーを使う。

バルブとタイヤラベルの位置を合わせるのは、パンクしたときタイヤとチューブのパンク箇所を見つけやすくするため。タイヤからチューブを外すとお互いの位置関係が分からなくなってしまうが、予めバルブとタイヤラベルの位置を合わせておけば分かり易い、というわけですね。

タイヤをリムにはめるときは本当に苦労しました。かなり手が痛くなるし心も折れかけます。しかしはまらないはずはないので頑張りましょう(止まない雨はない、的な)。

このあと1時間(17km)ほど試走し、問題無く交換できたことを確認。必要に駆られて行ったチューブ交換でしたが、結果的に愛車への愛着が強まることになりました。これでまた楽しめますな。

※追記(2016年2月29日)

とうとう後輪もパンクしてしまいました。このことをまとめた記事はこちら

by カエレバ