中目黒「まえだや」で王道のジンギスカンを噛みしめてきた

ゲリラ豪雨の洗礼を受けた先週末の夜、友人と行ったジンギスカン屋さんがとても美味しかったので書き留めておきます。場所は中目黒駅から徒歩10分未満の路地にあるまえだやさん。あとから知ったのですが、アンジャッシュの渡部さんも来店済みでした。

まえだや

網焼きからスタート

目的はもちろんジンギスカンなのですが、メニューを見るとラムネギ塩ラム肩ロースも美味しそうだったので網焼きからスタートすることに。店員さんが七輪の上に網を置いてくれます。

ラムネギ塩は焼く前の写真を撮り忘れましたが、ラムの上に美味しいネギ塩ダレが乗せてあるので、それを巻くようにして網の上にセッティングします。これが本当に美味しくて、最初に食べる肉としては大正解でした。本当はもっと食べたかったけど、あとがあるのでラム肩ロースへ移行しました。

まえだや

そしてこれがラム肩ロース。今度は焼く前の写真を撮りました。すべて焼き方は店員さんが教えてくれます。ラム肩ロースは片面をじっくり焼いた後、裏返したら5秒程度でOK。それ以上焼くと硬くなるので注意!

まえだや

ラムネギ塩とは対照的に、ラム肩ロースは「噛みしめる感」と「ほどよい脂感」があり、2番目に食べる肉としては大正解でした。ただ、あえて言うと、もう少し大きめにカットしてある方が食べ応えもあって美味しいだろうと思いました(厚さは申し分なし)。

まえだや

真打ち登場 ジンギスカン!

ラムネギ塩、ラム肩ロースを食べ終わり、いよいよジンギスカンをオーダー。ラム肉の煮込み、セロリとキュウリのニンニク和え、春菊とラムスモークのサラダなどを摘まみながら待っていると、いよいよ真打ち登場となりました。

まえだや

王道のスタイルで登場したジンギスカンは期待どおりの完成度で、しばし言葉を発することなく食べ進みました。北海道で食べるジンギスカンより全体的にかなり上品ではありますが、中目黒スタイルと思えばそれもまたよし。肉を食べているのに胃袋が軽いという妙な感覚は、きっと肉が上質だったからでしょう。

まえだやさんのジンギスカンは、北海道のジンギスカンではあまり見られない(と僕は思う)長ネギが入っていましたが、これがラム肉と相性抜群だったので、むしろ長ネギは入れた方がいいことを学びました。

そうそう、つけダレもよかったですよ。渡部さんはブログで「甘めのタレ」と書いていますが、僕にはしょっぱく感じました。なので僕はもう少し甘めの方がいいなぁと思ったのですが、この辺りは人それぞれの好みの違いでしょう(これを言っちゃうと元も子もないんだけど・・・)。

まえだや

セロリとキュウリのニンニク和え

ところで、メインであるラム肉の次に美味しかったのが、このセロリとキュウリのニンニク和えでした(その次はラム肉の煮込み)。もしお持ち帰りができるなら500gくらい買って帰りたかったほどには好きな味でした。

まえだや

奇をてらわない安心のジンギスカン

まえだやさんのジンギスカンは、王道を行く、奇をてらわない、安心のジンギスカンでした。シンプルにジンギスカンが楽しめ、しかも立地にしてはリーズナブルな価格ですから、これはまた行きたいお店です。次回は、今回気になったけど見送ったよつ葉のソフトクリーム(400円)にも手を出してみたいところです。

まえだや

by カエレバ