ポタリング 京急六郷土手駅近くの川橋で痛恨のピンぼけをやらかす

先月14日に羽田の大鳥居まで走って以来、台風が来たり知人の結婚式があったりと全然乗れていませんでしたが、やっと今日、約1ヶ月ぶりにポタリングできました。しかし、空は鉛色の曇天。しかも東京都下水道局の雑色ポンプ所付近で少し雨がパラつき、結構ギリギリなポタリングとなりました。

丸子橋にて

約1ヶ月前の前回と比べて気温がかなり下がり、恐らく15℃くらいだったと思います。走っている最中はいいけど、休憩すると汗が体温を奪って寒い。でも多摩川サイクリングロードの利用者が夏より少なく、走りやすかったのは良かったです。

N700系と武蔵小杉のビル群

丸子橋から少し下流に、東海道新幹線とJR横須賀線が並走する鉄道橋があります。少し待っているとN700系が品川方面からやってきました。写真奥の高層建築物は、最近住みたい街ランキングで必ず上位にランクインする武蔵小杉のビル群ですね。

丸子橋下流

このあと冒頭で紹介した雑色ポンプ所まで行ったところで少し雨が降ってきました。さらに下流の羽田空港方面は今にも雨が降り出しそうな空模様だったので、今日はここで折り返すことに決めました。

六郷土手

モヤさま体験

帰りは京急の六郷土手駅のすぐ近くで自転車を止め、川橋(鉄道橋)のすぐ近くで写真を撮りました。「頭上注意」と書いてあるこの狭い空間は、数年前のモヤモヤさまぁ~ずで、さまぁ~ずの2人と大江アナがくぐったあの名スポット。同じ体験をすべく、僕も自転車を押してくぐりました。

六郷土手駅は各駅停車の電車以外は停まらないので、快特などは減速せずここを通過するため、川橋の下で待っているとかなりの迫力が感じられます。というか怖いくらいでした。

六郷土手

痛恨のピンぼけ写真

もちろん京急と一緒にEscape Airの写真も撮りました。しかしピントがEscape Airに合っていないという大失敗をやらかす始末。その場でちゃんと確認すれば良いものを、帰宅してから気づきました。痛恨のピンぼけ・・・。次回は絶対成功させます。

六郷土手

京急、JR、川崎駅の街並み

この川橋から数10m上流側には、JRの線路(東海道線)があります(下写真がその位置関係)。なお、この写真の奥に見えるのはJR川崎駅と京急川崎駅付近の街並みです。

六郷土手

ど派手な伊豆急に遭遇

一応(?)JRも撮っておくか・・・と、京急を撮影する1/10くらいのテンションで準備していたら、ド派手な電車がやってきました。帰宅してから調べると、伊豆急2100系アルファ・リゾート21という車両だそうです。上り電車だったので先頭車両は青でした。伊豆方面へ向かう下り電車なら先頭車両は赤というわけですね。以前、横浜に住んでいたときたまに見かけた車両なので、ちょっと懐かしく思いました。それにしても派手ですね!(カラーリングも名前も)

六郷土手

この写真を最後に、あとは休むことなく自宅までひたすら走り、本格的な雨に降られることなく無事帰宅しました。これからもっと寒くなるので、ウェアもそれなりの物が必要だなと分かりました。さて、次はいつ乗れることやら・・・。ちなみに明日日曜日は雨とのこと(またか!)。なお、今回は、走行時間1時間30分、走行距離30kmでした。

by カエレバ